こりや痛み、だるさ、しびれを原因から改善したい貴方へ
こりや痛み、だるさ、しびれを原因から改善したい貴方へ

手首の痛み

① こんな症状はないですか?

 手首の親指側が痛む

 手首の小指側が痛む

 手首の内側の真ん中が痛む

 テーブルや床に手をつくと痛む

 手首の外側が痛む

 片手で物を持てない

 

② 主な原因

手首の痛みと腫れがある場合は病院では腱鞘炎と診断され、湿布で炎症を抑えつつサポーターをして手首を動かさないように言われます。痛みが強い場合は腱にステロイド剤を注射したり、腱鞘を切開したりします。

しかし手首痛の多くの場合は手首自体に問題があるのではなく、背骨の歪みに原因があります。たとえば背骨が左に歪むことにより、右の上腕、前腕の腱や筋肉が引っ張られ、最後に手首の腱に緊張状態が生じます。この状態で手首を何度も動かしていると手首に炎症が生じて腫れて痛みが出てきます。

背骨に問題が無い場合にも、何らかの原因で手首から掌の筋肉が硬くなったことにより痛みが生じることはあります。

手首に余り負担をかけない動きでも、回数を重ねることにより筋肉は疲労していきます。たこ焼き屋さんやお好み屋さんが腱鞘炎になったという話は良く聞きますが、単純作業の繰り返しは思っている以上に身体に負担をかけます。 もし、どうして手首が痛くなったのだろうと疑問に思う場合、痛くなるような原因に心当たりがない場合は、単純作業の繰り返しや、軽い動きだが相当の回数を繰り返したことが無いかを考えてみて下さい。

 

③ 改善の方法

背骨の歪みに原因がある場合は手首だけを治療しても治りません。緊張状態にある手首の腱が緩まなければ炎症はなくなりませんから、腫れはひきませんし痛みもなくなりません。

注射で一時的に楽になることもありますが、痛くなった原因が無くならない以上また同じような痛みが出てきます。また、自分の身体にメスを入れることにはくれぐれも慎重であるべきです。

この場合はまず手首に炎症を生じさせている原因である背骨の歪みをなくす必要があります。背骨の歪みは骨盤の歪みから生じる場合が多いですから、この場合はまず骨盤の歪みからなくす必要があります。 その上で引っ張られていた背中や上腕、前腕の筋肉や腱を緩め、最後に手首周りの緊張状態をなくします。緊張状態がなくなれば炎症は治まりますから腫れや痛みはなくなってきます。

背骨に歪みが無い場合で手首自体に原因がある場合は、手首や掌の下の方の手首との境目あたりの緊張を取ることにより痛みはなくなってきます。 緊張を取るには強く押したりマッサージをするのではなく、手首や掌の筋肉を動かすことにより柔らかくしていきます。 柔らかくなれば手首の痛みだけでなく、指の動きもスムーズになります。

今まで病院や整骨院に行ったことはあるけど、整体院は初めてという方が多いです。そんな方に当整体院の施術を知って頂くために体験価格をご用意しました。本気で良くなりたいという方はご利用ください。

1日2名様限定 初回10000円→4980円

ご予約は今すぐこの電話番号をタップしてください。

090-4296-4063

 

奈良の整体・学園前くろだ整体院

〒631-0021
奈良県奈良市鶴舞東町2番13号 VIVビル305

近鉄奈良線・学園前駅および近鉄けいはんな線・学研奈良登美ヶ丘駅から、奈良交通バス・登美ヶ丘一丁目バス停すぐ。

電話番号:090-4296-4063
営業時間:9:00~19:00(無休)