こりや痛み、だるさ、しびれを原因から改善したい貴方へ
こりや痛み、だるさ、しびれを原因から改善したい貴方へ

変形性股関節症

① こんな症状はないですか?

 股関節も痛いが腰の痛みも酷い

 立ち座りがスムーズにできない

 腰が痛くて前後屈があまりできない

 痛み止めの薬が効かなくなった

 股関節の手術を勧められている

 

② 主な原因

先天的に骨盤の臼蓋(大腿骨頭がはまるくぼみ)が浅いために股関節の軟骨がすり減って関節の隙間が狭くなり動かせなくなる病気と言われています。変形性股関節症の3000例の手術をされているという整形外科のお医者さまもTBSでこう説明されていました(2015/4/3)。

 

ただ、このような原因以外に、仙骨や骨盤の歪みによって大腿骨頭が臼蓋にはまる角度が変わり痛みを生じる場合があります。歪みがあるとレントゲンでは軟骨がすり減っているように写りますが、実際は軟骨に異常がない場合も多いです。

股関節の痛みを訴えられる人の多くは、立ち姿をチェックすると体が歪んでいます。

 

③ 改善の方法

治療法としては股関節周囲の筋肉の強化をして悪化の進行を遅らせる方法や痛み止めの薬が使われます。そして、最終的には人工関節に換えるなどの手術しかないと言われます。先ほどのお医者さまもこのように説明されていて、患者にとっては厳しい状況です。

 

股関節自体が悪くなく、仙骨や骨盤の歪みがあって腰や股関節が痛む場合は、歪みがなくなると、腰と股関節の痛みが消えるか軽減することが多いです。

手術は最後の手段と考え、まずは仙骨や骨盤の歪みがなくなることにより症状が改善しないかを試してください。

奈良の整体・学園前くろだ整体院

〒631-0021
奈良県奈良市鶴舞東町2番13号 VIVビル305

近鉄奈良線・学園前駅および近鉄けいはんな線・学研奈良登美ヶ丘駅から、奈良交通バス・登美ヶ丘一丁目バス停すぐ。

電話番号:090-4296-4063
営業時間:9:00~19:00(無休)