こりや痛み、だるさ、しびれを原因から改善したい貴方へ
こりや痛み、だるさ、しびれを原因から改善したい貴方へ

痛み止めが効かない坐骨神経痛

腰からお尻、太腿、ふくらはぎ、時には足先まで痛む、

しびれるという症状で病院に行くと、いくつかの病名が

付きます。


例えば、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神

経痛です。

いずれもレントゲンやCTで検査し、重症と判断されれば

手術を勧められることもあります。そこまでではないと判

断された場合は様子をみましょうということになります。

そして痛みが酷いと訴えた場合は、痛み止めや湿布薬

処方されます。


痛み止めは、椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症にはある程

度効くようです。ところが、坐骨神経痛には効かないという

人が多いです。いずれも痛みの原因は神経の圧迫ですが、

圧迫されている神経が椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄が脊

髄神経、坐骨神経痛が坐骨神経と違うからでしょうか。



どの痛みも夜も眠れないくらい痛む場合があり、副作用の

ことは解っていても痛み止めを飲まざるを得ないことがあり

ます。でも痛み止めはあくまでその場しのぎのごまかしです

から継続して頼るのはよくないです。


「そんなことは分かっています。でも痛くて我慢できない。」

いう方がおられると思います。私自身も過去にじっとして

ても「痛~~~い」という痛みを経験していますので気持

かります。

薬を飲んで少しの間でも痛みが和らぐのは助かります。

せっかく薬を飲んでも効かない場辛いですね。

でも、どちらにしても痛み止めは一時しのぎに使うものです。


西洋医学では骨の歪みを問題にしないですが、骨の歪みで

神経を圧迫し、痛みの原因となることがあります。そんな場

合は原因となっている骨の歪みをとらないと痛みはなくなり

ません。筋肉が硬直して神経を圧迫していることが原因とな

る場合もあります。この場合は筋肉を緩めないと痛みはとれ

ません。原因があって、結果として痛みを生じているのです

から、原因をなくさずして根本的な改善は出来ません。


骨に歪みがないのに痛むことがあります。その一つは神経に

菌やウイルスが入り込んだ場合です。また、内臓に原因があ

り痛みが出ることもあります。この場合はそれぞれの原因を

なくさないと痛みはとれません


痛みの原因はいろいろです。それぞれの原因に応じた対応

必要です。GGに来てその対応をしてみませんか。

原因をなくせば痛みのない毎日が待っています。





学園前くろだ整体院詳細はこちらです




奈良の整体・学園前くろだ整体院

〒631-0021
奈良県奈良市鶴舞東町2番13号 VIVビル305

近鉄奈良線・学園前駅および近鉄けいはんな線・学研奈良登美ヶ丘駅から、奈良交通バス・登美ヶ丘一丁目バス停すぐ。

電話番号:090-4296-4063
営業時間:9:00~19:00(無休)