こりや痛み、だるさ、しびれを原因から改善したい貴方へ
こりや痛み、だるさ、しびれを原因から改善したい貴方へ

怪我の予後は大切です

奈良の整体
学園前くろだ整体院

足の甲に怪我をされたAさんのお話です。
指の根元に刃物を落として骨が見えるほどの裂傷を負われました。
病院で治療されてから数か月が経ち、今では傷はすっかり治っています。お医者さんにも完治しましたと言われたそうです。

ところが、怪我をする前にはなかったことで困っている、具体的には足の指や足の裏にまめができて痛いとのこと。

そこで、腰と膝の痛みがあって整体に来られたのですが、足の施術もしました。

怪我をした場合は患部をかばってしまうので、どうしても体の使い方がアンバランスになります。アンバランスに筋肉を使っているとやがて骨格が歪んできます。この歪みによって患部以外に痛みが出てきます。
Aさんも一時は首まで痛んだそうです。

こんな場合はまず骨格の歪みをなくし体のバランスを整えることが必要です。その上で患部の周辺の筋肉などを緩め、血の流れを良くすることが重要です。

怪我をしたところの傷が見た目は治ってもすぐに元通りになるわけではありません。傷の周りの筋肉などが硬くなり神経、血管が影響を受けるために程度の差はあれ痛みが残ります。

そのために、無意識に患部をかばい、変な動かし方になっていることがあります。

Aさんの場合は足の甲に軽く触れても痛い状態でした。これでは正しく体重をかけることできず、足の裏にまめができてしまいます。
施術をして足の甲の痛みがなくなってから立ってもらうと・・・

「しっかり足裏を床に着けて立てている。今までは足が浮いている感じがあったから無意識にやっぱりかばっていたんですね」との感想。

怪我が見た目は治っても本当の完治ではありません。
無意識にもかばうことが無いようにするには予後が大切です。


奈良の整体院
学園前くろだ整体院

奈良の整体・学園前くろだ整体院

〒631-0021
奈良県奈良市鶴舞東町2番13号 VIVビル305

近鉄奈良線・学園前駅および近鉄けいはんな線・学研奈良登美ヶ丘駅から、奈良交通バス・登美ヶ丘一丁目バス停すぐ。

電話番号:090-4296-4063
営業時間:9:00~19:00(無休)